紅茶の種類

世界中には色々な紅茶があります。

紅茶は大きく分けると「ストレート」「フレーバー」「ブレンド」の3種類になります。

それぞれの紅茶もまた色々な種類に分かれます。

「ストレート」には皆さんもご存じのダージリンがあります。

ダージリンは北インドが産地でオレンジ色をしています。

ストレートで飲むと美味しいでしょう。

またアッサムがありますが、これは北インドで作られていて澄んだ濃い色をしています。

先日知人からいだいた紅茶専門店KHORAの紅茶ギフトセットにジュンパナの茶葉が入っていましたが、これはミルクティーで飲むのがおいしかったです。

さらにティンブラと呼ばれる紅茶がありますが、これはセイロン島で作られています。

バラのような香りがして、マイルドな味がします。

アイスティーにするとおいしいでしょう。

またキーマンという種類のものもあり、これは中国で作られています。

蘭のようなスモーキーフレーバーで、ストレートでもおいしいですし、ミルクティーにしてもおいしいです。

次に「フレーバー」を見てみましょう。

まず一番有名なアールグレイがあります。

中国やセイロンが産地でベルガモットの香りがします。

さらにカラメルという種類があり、これはカラメルの甘い香りがして、ストレートでもアイスでもミルクティーにしてもおいしいです。

またフランボワーズという紅茶もあり、これは木苺の甘酸っぱい香りがします。

濃いオレンジ色の紅茶でストレートやアイスにしてもおいしいでしょう。

最後に「ブレンド」をご紹介します。

ブレンドには、イングリッシュブレックファーストがあり、これはモーニングティー用でブレンドされた紅茶で渋みがありますが、ミルクティーにするとおいしいです。

またオレンジペコーがあり、これは明るいオレンジ色の紅茶です。

以上、紅茶の種類を一部ご紹介しました。